クラウドPBXとは?仕組みやメリット・デメリットを分かりやすく紹介!

当サイトはクラウドPBXとはどのようなものなのか解説しています。
仕組みやメリット・デメリットを分かりやすく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
クラウドのPBXは運用形態や課題に適したものを選ぶことが大切です。
クラウドのPBXを利用することで、電話業務をテレワーク対応させることも可能になります。
様々なメリットがあるクラウドのPBX導入を検討しているのなら、きっと役立ちます。

クラウドPBXとは?仕組みやメリット・デメリットを分かりやすく紹介!

企業で行われている通話応対の業務を、より効率良くしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
そのようなときに役立つのがクラウドPBXです。
クラウドPBXは従来であればオフィスに設置していたPBXをクラウドに置き、インターネットで利用できる仕組みになっています。
月額料金がかかるほか特殊番号にかけられないというデメリットもありますが、初期費用が安く通話料も安いというメリットがあります。
さらにスマートフォンを内線として使えるのも便利な点です。

そもそもクラウドPBXとは何?オンプレミス型との違い

PBXとは、普通の家庭の電話では、1つの電話機に対して1本の電話回線を引いているので、通話中に別の電話がかかってきた時には電話が切れてしまします。
しかしPBXを利用していると、一つの回線を複数の電話機で利用することができるため、誰かが会話をしていても、空いている電話機があれば繋げることができます。
クラウドPBXとオンプレミス型では、回線の繋ぎ方に差があります。
クラウドPBXの場合は、設置するPBXをインターネットを通じて繋げることで、内線・外線などの電話を利用します。
一方オンプレミス型の場合には、光回線などの電話回線を使い、置型タイプのPBXと電話機を物理的に繋ぎます。
そのため、オンプレミスの場合には、回線を増やすたびに工事が必要であったり、初期投資の金額が大きかったりしますが、クラウド型の場合は容易に回線を増やしたり、初期投資が数万円と低価格であったりとメリットが多くあります。
スマートフォンへつなげることもできるため自由度も高いです。

クラウドPBXはクラウドサーバーで利用するので管理コストの削減効果が期待できる

通常の電話とは異なり、クラウドPBXではクラウドとサーバーで管理を行っています。
クラウドに設置されたサーバーが電話交換機の役割を担ってくれるため、これまでオフィスに設置していた実物は不要となります。
オフィスごとに複数の電話交換機を設置していた場合は故障時の修理やメンテナンスなどが必要でしたが、クラウドPBXではサーバー上ですべて管理されており、サービス側に対応を任せることが可能です。
サービスを導入した企業側は管理コストを削減し、社員の負担を軽減することができるでしょう。
また、サービスによっては管理画面が提供されており、サーバーが取得した情報を一括管理できるのもポイントです。
クラウドPBXの設置状況なども、クラウドサーバーに送信された後に管理画面で確認可能です。
クラウドPBXの設定を管理画面で直接変更できる、着信条件の設定が可能、アナウンスを変えられるなどの機能があるサービスは、管理コストの削減により役立ってくれます。

クラウドPBXはプライベート型とパブリック型の2つに分類される

クラウドPBXは、プライベート型とパブリック型の2つに分類することができます。
どちらのタイプも、PBXつまり企業やオフィスなどでの電話交換装置に当たるシステムをクラウド上、つまり物理的な機械装置としてではなくインターネットの仮想空間上に設置することは同じです。
その仮想空間上での置き方によって、クラウドPBXはプライベートとパブリックの2種類に分けられることになります。
簡単に言えば、前者はクラウド上とはいえ自分たちだけの占有空間です。
後者は一つの場所に他社のPBXと混在させるイメージです。
メリットデメリットを言えば、前者であれば他のPBXに邪魔されるようなことが起こりません。
例えば処理速度とか、メンテナンス時の対応についても自社第一で対応してもらえることになります。
一方で後者は混在型なのですからいわば共同生活であり、何かにつけて常に自社が最優先されるとは限りません。
その分だけと言うのも変かもしれませんが、利用料金は安くなります。

クラウドPBXで働き方改革の問題解決に繋がる

クラウドPBXとは電話回線ではなくサーバーにクラウドを設定して、電話ツールアプリをスマートフォンにダウンロードして使う通話アプリケーションになります。
外部からの電話をクラウドを通すことで、内線化したり転送などを行うことが出来るのです。
上手に活用すれば会社の電話番号をクラウドを通じて自宅でも使えるので、テレワークや在宅勤務でも会社と遜色のない使い方が可能になります。
従来のこうした転送PBXサービスは電話回線を使い、工事をして機器を取り付けなければいけませんでした。
インターネット回線の高速化と、クラウドシステムとスマートフォンの進化によって工事不要でPBXシステムを再現することが出来るようになったのです。
クラウドPBXを使えば働き方改革にも柔軟に対応出来るので、自宅でも会社でもシームレスな通話が可能になります。
代表番号を転送すればスマートフォンを窓口化することが可能なので、外出先でもカスタマーサービスを行うことが出来るのです。

クラウドPBXに関する情報サイト
クラウドPBXを分かりやすく紹介!

当サイトはクラウドPBXとはどのようなものなのか解説しています。仕組みやメリット・デメリットを分かりやすく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。クラウドのPBXは運用形態や課題に適したものを選ぶことが大切です。クラウドのPBXを利用することで、電話業務をテレワーク対応させることも可能になります。様々なメリットがあるクラウドのPBX導入を検討しているのなら、きっと役立ちます。

Search